ここからメインコンテンツ

サービス

ここからメインコンテンツ

UIコンセプト評価・改善

開発初期段階から使いやすさを考慮した総合的なデザイン開発を行いたい

開発初期段階からUIデザインコンセプトを様々な角度で評価・分析をします

UIデザインコンセプトを「UIの分かりやすさのレベルの評価」「対象製品UIのユーザビリティの特性の読み取り」「ユーザビリティ上の課題を明確にして改善方向の提示」という3視点からUIデザインコンセプトの妥当性を評価します。

UIコンセプト評価・改善の流れ

  • モニターの操作行動を観察し、専門家による評価項目の採点を実施

    • 客観的な視点で製品のUIの特徴を把握し、弊社で作成したUIの概念モデルのチェック項目について採点します。
  • 専門家間の合議による採点の集約

    • 専門家の意見を集約し、概念モデルチェック項目の評定を決定します。
  • 専門家評価の総合得点化

    • 対象製品における概念モデルチェック項目の重みづけを定量的に算出し、評定値に反映して総合得点化します。
  • UIコンセプトとしての課題点整理

    • 対象製品UIのUIが持つ課題点の傾向や改善の方向性を提示します。

専門家による採点

総合得点化


効果

  • 開発初期段階から、ユーザニーズを製品デザイン・UI 概念モデルに組み込み、製品設計に反映させることができます。

よくあるご質問

プロトタイプがないのですがユーザビリティ評価は依頼できますか?
タスクをフローで表現したものがあれば評価可能です。必要があれば弊社でも評価用のタスクフロー図作成およびFlashによるシミュレーション作成も引き受けております。

その他よくある質問を見る